母親ホルモンが崩れる背景

MENU

婦人ホルモン,崩れ落ちる,関連

シミ・ソバカスに効果的なトラネキサム酸

母親ホルモンが崩れる背景

婦人ホルモン,崩れ落ちる,関連

 

マミーの暮らしには、マミーホルモンが広く乱れてしまう折が二都度あるのです。

 

1回目は思春期、2回目は更年期に激しく移り変わりする。

 

思春期ですと、体がホルモン釣合をあまり上手に安定できないので、月の物回転も壊れがちになります。

 

更年期は卵巣からのマミーホルモン分泌ボリュームが鎮まるので、体が今までの足取りを死守できずに混乱してしまうのです。

 

婦人ホルモン,崩れ落ちる,関連

 

更年期で目まい、苛苛、火照りなどの被害が出てしまうのは、減ってしまったマミーホルモンを捉え、脳の司令塔です視床以下が頑張りすぎてしまって、自律地雷のコンロトールがうまくできなくなると考えられているようです。

 

マミーホルモンがいつのポジショニングから分泌されているのかご存知ですか?

 

脳が体に指導し、卵巣から分泌されています。

 

マミーホルモンは、熟睡片手落ちや刺激、更年期や過度な痩身等で釣合をぶち壊し易くなります。

 

婦人ホルモン,崩れ落ちる,関連

 

今の現世でストレスフリーのやりくりをするのは実にとれるタイミングじゃないと思いますが、それ以外にも次のようなことでもバランスが崩れてしまう。

 

・乱れた食事
・昼夜が逆転して要る
・不摂生
・カフェインの過剰摂取
・ボディを冷ます
・過度の疲労
・アクション片手落ち
etc...

 

過度の刺激や痩身は月の物不自由を招いていしまう。

 

また、女性から冷え性などと思い切り聞きますが、それもマミーホルモンによる商品と言われています。

 

マミーホルモンが乱れると自律地雷が壊れるので、それによって体温管理のフットワークも悪化するので血行不良になって、その結果冷え性になってしまうという仕組みです。

 

婦人ホルモン,崩れ落ちる,関連

 

ホルモン釣合を崩さないためにはどうしたらいいの?
・お風呂はシャワーでなく浴槽に浸かる
・刺激をためすぎない
・ボディを冷やさない為に薄着は遠ざける
・適度なアクションは必須
・カフェイン部類を摂りすぎない
・バランスの良い食事を

 

前途したまま、普通に生活していると何かしらの刺激は誰しもあるでしょう。

 

適度なアクションをしたり、道楽に一心不乱したりして刺激を全然溜め過ぎない事が有用でしょう。

 

体が冷えるのはそれほど良いことではないですから、夏季や暑い時期であってもシャワーだけで終わらさずに、半身浴したりだとか、クーラーなどで冷えている体を暖めるように心がけましょう。

 

トラネキサム酸最前へ